Contents

バイクレースと言えば。

バイクレースと言えば。 バイクレースと言えば、世界各国で開催されているMotoGpレースとスーパーバイクレースを連想します。どちらも同じバイクレースと思われますが、参加バイクメーカーの数やエンジンの種類など大きな違いが存在します。

スーパーバイクレースは、150台以上販売された一般車で、4気筒1000cc以下・2気筒1200cc以下のエンジン搭載車両が使用されています。スーパーバイクの魅力は、接戦が非常に多い事や誰でも手に入るバイクでレースが開催されている事だと言われています。身近な所では、一般の方も参加している鈴鹿8時間耐久レースもスーパーバイクです。

MotoGpは、WGPロードレース世界選手権の最高峰500ccの呼称です。当初のレースは、2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの混在状態で行われていた様です。4ストロークエンジンは、吸気・圧縮・爆発・排気の4行程を吸排気弁を組み込む事でピストン2往復で完了します。炭化水素や粒子状物質が少なく、燃費が良いのがメリットです。2ストロークエンジンは、同行程をピストン1往復で完了する為、4ストロークエンジンより多くの出力が得られますが、低回転域での出力不安定や開発コストの問題でレギュレーションから外されています。現在のレギュレーションでは、当初500cc以下から1000cc以下にされ、エンジンコントロールユニット共通の4気筒4ストロークエンジンが採用されています。MotoGpのレース車両は、プロトタイプマシンと呼ばれていた時代があった様に、未発表テクノロジーを含めバイクメーカーの最新最高テクノロジーの塊です。MotoGpは、バイク業界のF1です。


Copyright(c) 2014 バイクレースと言えば。 All Rights Reserved.